文字サイズ 小
文字サイズ 大
トップ > オフィス棟のご案内 > セキュリティシステム

セキュリティシステム

■ オフィスを守る万全のセキュリティ・システム

ICカードを利用した入・退室・エレベータ管制システム、各所に配置された防犯センサーやアナログ式火災感知器など各種の最新システムを有機的に統合し、防災センターでは24時間、年中無休で品川インターシティ全体の人と物の安全を見守っています。

エレベータ・ホール
■ 地震・防火対策には最先端の技術を採用

低降伏点鋼制振間柱・アンボンドブレースなど各種の最先端システムを採用して地震から建物の倒壊を防ぎ建物内の人命を守ります。火災発生を感知すると、各種消火システムが作動し、ウェットスクリーンや加圧防排煙装置など最先端の技術を活用して屋外への避難誘導を行います。

地震・防火対策には最先端の技術を採用

【建物内に入居する人々の安全を守るために加圧防排煙システム現場実証試験を実施しました】

加圧防排煙システム現場実証試験
火災発生探知と同時に室内中央部に設置されているウェット・スクリーンが下がりはじめ、隣接事務室への煙の侵入を防ぎます。ウェット・スクリーンは床上60cmの高さで一旦停止して、火災発生区画内に取り残された人々の避難経路を確保します。
火災押しボタンを押すことにより排煙機と加圧空調機が作動します。それにより火災発生区画の気圧を負圧に、隣接の事務室の気圧を正圧にして、隣接事務室への煙の漏煙を防ぎます。更に熱感知器の作動によってウェット・スクリーンへ散水が開始され、スクリーンは防火壁としての機能を保持します。